JAMCA PRIZE 2016 絵画・イラストコンテスト(小学生部門)結果発表

トップページへ

#

【テーマ】あったらいいなこんなクルマ 【応募資格】小学校に籍を置く方。

写真をクリックして拡大

グランプリ

「カッコイイな
 せいびし」

小林侑夢

コメント:はじめてえのぐでえをかきました。カッコイイせいびしさんを かけましたボンネットをあけているところがうまくかけたとおもいます。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「みんながしあわせになれる車」

山田 りあ

コメント:この車がとおるとみんながしあわせになれる。みんながハッピーになれる。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「アメンボ救助隊」

吉本 志

コメント:夏になると川や海で水難事故が多発する。悪夢から大事な思い出を守る守護神。こんな車あったらいいな。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「ゴミでうごくくるま」

森下 開吏

コメント:ゴミでうごくところ

写真をクリックして拡大

JAMCA会長賞

「かっこいいな車の整備士」

新井 翔矢

コメント:人が左の方にちょっとはみでているところで広がり間を出した。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 金

「うちゅうぼうけん」

佐々木 香春

コメント:この車にはうちゅうを飛べるきのうがあってとてもべんりです。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 銀

「動物いっぱい水中陸両用車」

浜田 結菜

コメント:この夏水陸両用車に乗りました。水の上だけじゃなく水中も走れる車があったらいいな。動物をいっぱいのせて海の中を走って皆に海の中を見せてあげたいです。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 銅

「車で勝負!」

加藤 星凪

コメント:ぼくの好きなしょうぎオセロ、ルービックキューブでできた車にしました。いつでも勝負ができます。

写真をクリックして拡大

入賞

「宇宙清掃カー」

須永 睦生

コメント:ブラックホールの力をかりた清掃カーです。

写真をクリックして拡大

入賞

「みんなで遊べて楽しめるわくわくパークカー」

小根山 心優

コメント:病気などで遠くまで行けない人でも居る場所まで来てくれるわくわくパークカー。ワクワクには図書室、キッズルーム、プラネタリウム、温泉があり、野菜や果物を収穫できる施設があり、疲れてしまってもホテルがあるので大丈夫。遠くまで行かなくても旅行気分が楽しめるわくわくパークカーです。

写真をクリックして拡大

入賞

「自然と友だち」

下山 穂乃

コメント:緑の中を走る車。さいている花に水をあげるタイヤがついている。
タンポポのわた毛にのって、空からも乗ることができる。
自然のものを大切にしながら走る車です。

写真をクリックして拡大

入賞

「虹色タイムマシーン」

坂爪 虹太

コメント:ぼくが考えた未来の車は、かこと未来を行ききして、はかいされたしぜんをまもるという車です。緑をたくさんふやして、緑でいっぱいの地きゅうにしたいからです。

写真をクリックして拡大

入賞

「海をきれいに!!海がめ号」

中下 里恋

コメント:海のよごれを取って、魚に悪いえいきょうを受けない薬を出してくれる車を考えてみました。この地球の美しい海が続くように願いを込めて描きました。

写真をクリックして拡大

入賞

「パンカー」

落合 夢菜

コメント:パンでできている車で、中のいすはサンドイッチ!タイヤはメロンパンでパンの形はしょくぱん。その車はパンでできているからたべられる。

写真をクリックして拡大

入賞

「プチプチCar」

吉田 真彩

コメント:プチプチ(クッション)が車全体につつんでいたら、事故やケガなど減って毎日平和にすごせると思います。

写真をクリックして拡大

入賞

「星を走れ!House Car」

小林 真夕

コメント:夜の町に1つの車。この車は、行き先をけんさくすれば、自動でそこまではこんでくれるから、運転しゅはいつでも休むことができます。うさぎの絵がチャームポイント!

写真をクリックして拡大

入賞

「かっこいいな、クルマの整備士」

石川 美月

コメント:スパナをにぎって、整備し始めるところをかきました。胴だけをかいて、かっこよく仕上げました。

写真をクリックして拡大

入賞

「水循環車」

森田 智也

コメント:後ろの取水口から水を取って中で土や砂をとってきれいな水にして前のところからふんしゃしています。

写真をクリックして拡大

入賞

「にじいろゆにこんくるま」

ほし こころ

コメント:はねがじょうずにかけたので、はねがあぴいるぽいんとです。

写真をクリックして拡大

入賞

「どこでも公園カー」

安田 奈々子

コメント:いつでもどこでも公園で遊べます。つかれた時は、おひるねをできる所もあります。

写真をクリックして拡大

入賞

「かっこいい車の整備士」

手塚 匠海

コメント:整備士のかっこよさ。車をていねいに整備していることで車がよろこんでいるところをかきました。

写真をクリックして拡大

入賞

「 」

浦上 祥歩

コメント:子ども達に人気の空飛ぶ公園バス

写真をクリックして拡大

入賞

「ありカー」

氏家 璃子

コメント:実はふだん私たちが見ているアリはロボットだったというところがアピールポイントです。

写真をクリックして拡大

入賞

「スーパ―パトカー」

高瀬 将

コメント:このパトカーは、ぜったいにはんにんをつかまえるパトカーです。空をとぶことができます。

写真をクリックして拡大

入賞

「すいりくりょうようタグボート」

米本 理史

コメント:りくの上では、じどうしゃと同じスピードではしります。うみの上ではすごいスピードではしります。

写真をクリックして拡大

入賞

「洗車場で働く整備士さん」

木田 真斗

コメント:洗車場が大好きです。そこで働くかっこいい整備士さんを描きました。

審査員:国土交通省/文部科学省/高文連写真専門部/浅葉克己(アートディレクター)/JAMCA

ページのトップへ移動

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

© 2013 JAMCA PRIZE